埋没法の基本設定

カウンセリング

なるべく多くのところに相談を

二重整形は周りに与える印象も大きく変化させますが、費用の負担を考えるとそう何度も行なうべきものではありません。そのためにはクリニック選びの段階から慎重に検討して、自分に合ったところを選ぶ必要があります。クリニックに用意してあるプランは多種多様で、二重を作る点は共通していても、デザインの仕上がりや持続力が異なります。そしてその質は費用が高くなるに連れて上がるため、もちろん予算に余裕があれば最も質が高いものを選ぶと良いですが、料金には数倍の差が出ることも少なくありません。なので費用面を最小限に抑えながら、必須の要素のみに絞り込むのもひとつの方法です。クリニックにはカウンセリングを無料で実施している場合が非常に多いため、利用できそうだと思ったところはひと通り話を聞いておいた方が良いです。二重整形だとそう頻繁に足を運ぶこともないので、アクセス性よりも施術の内容を重要視しましょう。その際に自分の話をどれだけ聞いてくれるかは、デザインの決定などに大きく影響してきます。

二重整形は皮膚にメスを入れる手術だけでなく、糸でまぶたのデザインを固定する埋没法という種類もあります。瞼への負担が少なく済むため、手術と比べると腫れが収まるまでのダウンタイムが少ない傾向があり、周囲に気付かれてしまうリスクを減らせます。また糸が癒着してしまう前であればデザインが気に入らないなどで糸を取り除くことができる場合もあるため、融通が利くのも埋没法の特徴です。基本的には1本の糸でまぶたの表と裏を繋ぎ、表側で結び目を作ったものを1点と数え、その数を増やすためにはより多くの費用が必要ですが、二重の持続力も高くなります。何点を選ぶかは個人の体質に左右され、少な過ぎると二重のラインが保てない可能性があります。そのため整形前に医師と相談をしながら、自分の瞼には何本ぐらいの糸が必要かを決定していきます。またクリニックにはまぶたの中で糸を特殊な形に工夫したり、1点に複数の糸を使用して持続力などを高めるといった方法を用意しているところもあります。もちろんシンプルな埋没法と比べると費用は高くなりますが、それだけの性能があると考えて良いでしょう。

Copyright© 2019 切開法と埋没法それぞれのメリットと人気ポイント All Rights Reserved.