数多くの種類から選ぶ

注射を打つ人

自分で作るのは大変

二重の整形を受ける際にはまず、皮膚を切開する手術か、糸で瞼を固定する埋没法のどちらにするかを選ぶ必要があります。両者の大きな違いは持続性で、切開した後に糸で縫合する手術はまず元の状態には戻りません。それに対して埋没法は点で留める形なので、二重のラインが消えてしまう可能性があります。ただ手軽さで見るのであれば埋没法の方に軍配が上がり、瞼に与える負担も少ないのでダウンタイムが短く済むのが特徴です。そのためあまり見た目を大きく変えずに、日常生活で整形したことを知られたくない場合は、埋没法を選ぶと良いでしょう。費用面では基本的には切開する方が高くなりますが、クリニック次第では埋没法にいくつかの種類が用意され、手術と大差なくなる場合があります。そのため種類を問わずに、持続力とデザインの幅が広くなるに連れて費用が高くなっていくと考えましょう。元々の見た目や瞼の脂肪の量などには個人差があるため、必ずしも持続力の高い方法が必要とは限りません。なのでカウンセリングで自分の希望をしっかり伝えて、体質を踏まえた上での専門家のアドバイスを参考にすることも大切です。

日本人の目は一重であったりラインが見えづらい奥二重の人が多いですが、現代でははっきりした二重が好まれる傾向があります。ただ一重はそもそも瞼の構造が異なり、奥二重は細かな目力のコントロールをしなければならず、どちらの場合も理想的な形にするのは難しいです。そんな時に整形を選ぶと、特に必要なケアもなくただ目を開いただけであらかじめ作っておいたデザインになります。整形以外の方法だと肌用の接着剤を使用して二重を作ることも可能ですが、毎日同じ形にできるとは限りません。そして肌への負担を減らすために水溶性であることが基本なので、入浴やメイク落としの際に剥がれてしまいます。したがって毎日二重を作るのが大変な上に、接着剤は消耗品なので毎日使うと費用も嵩んでいきます。整形の中でもリーズナブルな種類を選ぶと、最終的には費用面で大差はないかもしれません。つまりずっと同じ瞼のデザインを維持していくのであれば、整形を利用した方が毎日の負担を減らせる可能性が高いというわけです。

Copyright© 2019 切開法と埋没法それぞれのメリットと人気ポイント All Rights Reserved.