一重に戻らない方法

エステティシャ

ミニ切開で効果が永久に

確かに埋没法はすでに確立された二重整形の方法で、費用も安くて安全性が高いのも魅力です。しかしながら、効果は永久的でなく、摩擦などによって一重に戻ってしまうという点を克服することができません。一重に戻りたくなければ、やはりメスを使って瞼を切開する以外の方法はないのです。永久的に二重になることができる方法では、ミニ切開法があります。多少ではあるものの切開をする分、二重のデザインを理想的なものに仕上げることができるため、想像通りの仕上がりになることができるのが特徴です。幅だけでなく平行型や末広型、または、それらを自在に組み合わせて理想的なデザインを決められるため、埋没法よりも自由度が高くなるのです。気になる費用似関してですが、埋没法の2倍から2.5倍の費用がかかります。片目につき10万円以上がかかることを想定しておくと良いでしょう。費用が高い分、二重のデザインを自由に決めることができるので、自分の理想とするデザインの二重に整形することができます。

二重のデザインというのは、個人の瞼の特徴によって変わってきます。ミニ切開法による整形では、瞼の部分に切開を入れて二重のラインを作り出します。メスで切開を入れてしまうので、二重が取れてもとに戻ったり、一重になってしまうことはなく、効果は永久的です。ミニ切開での施術は切開をするだけですが、瞼の形状によっては内脂肪を取り除くことも可能です。特に、腫れぼったい瞼の人の場合、ミニ切開だけではきれいな二重に仕上げることは難しいです。そのため、余分な脂肪を取り除くことで腫れぼったさを解消し、美しいラインを作り出します。ただし、腫れぼったい瞼の場合、ミニ切開だけでは対応できないこともあり、そうした場合には全切開になることもあります。全切開になると手術費用も変わってくるため、医師と費用を相談の上で全切開にするか、またはミニ切開にとどめておくかを決めることができるのです。ミニ切開は二重整形の一種ですが、瞼の内部処理をきちんと行うので、仕上がりが美しいのが特徴です。

Copyright© 2019 切開法と埋没法それぞれのメリットと人気ポイント All Rights Reserved.